• 2015.7.21

ワールドバザールに”屋根”があるのは東京ディズニーランドだけ!?

今日もお得意のディズニーネタから雑学をお届けしましょう!

みなさんおなじみの「ディズニーランド」ですが、メインエントランスを通過すると、お土産や写真を扱っている「ワールドバザール」がありますよね。

こちらは今年のワールドバザールのデコレーション風景のツイートをピックアップしてみたのですが、提灯など夏本番を感じさせますね!

そんなワールドバザールを見上げるとガラスの屋根が目に入ります。そして、そこを抜けるとに目の前にシンデレラ城が… と言うのがディズニーランドのお約束なのですが、実は、屋根があるのは東京だけなのだそうです。

なぜだか、ご存知ですか?

その理由は…

『雨が多いから…』

私をはじめ多くの方は「ガラスの屋根があるのが普通」と思われているでしょうが、日本は梅雨や台風に代表されるように雨が降ることが非常に多いために意図的に屋根を設置したそうなのです。

しかし、屋根があることによって海外で使用されている「メインストリートUSA」と言う名称が合わないと判断されたため、「ワールドバザール」と改名された経緯があるそうです。

気になったので年間降水量をざっと調べてみました。

○東京…約1530mm
○アメリカ・アナハイム…約340mm
○アメリカ・オーランド…約1220mm
○フランス・パリ…約650mm

旅行サイトでパパッと調べたデータですので不確実な部分がありますが、こうやって見ても確かに日本の年間雨量は多い傾向がありますから計画当時は雨対策を検討していたのも理解できます。

ちなみに屋根があると言っても、基本的なデザインはウォルトディズニーの生まれ故郷であるミズーリ州のマーセリンと言う町並みがモデルになっている点は共通しているそうです。

個人的には、アメリカの懐かしい雰囲気(日本で言う「昭和の街並み」)を感じさせるワールドバザールは好きですね。

余談ですが、ワールドバザールの一角に古いゲーム機が置いてあるペニーアーケードと呼ばれるアトラクションがありますが、ここにある古いゲーム機は中身の機械こそ変わっているものの、外見は昔使われていた本物なんだそうですよ!

そこまでこだわるディズニーはやっぱりスゴイですね。

LINEで送る
Pocket

関連記事

プロフィール

学級委員長タイプのお姉ちゃんMIYUと、マイペースな妹MISA。ふたりの成長期を役に立つ情報と交えてお届けする雑学専門チャンネルです。ちなみに記事はPapaが中心に書いてます!


ディズニー専門専門ページをオープンしました!

お役にたてばポチッと♪

ページ上部へ戻る