• 2015.6.16

ディズニーリゾートで「キャストと呼ばないエリア」がある!?

正直、ディズニー好きな一家なのでディズニーネタが尽きません。
今日”も”、ディズニーに関する雑学をお届けしましょう。

さて、ディズニーリゾートでは私たち入園者の事を「ゲスト」と呼んでさまざまな感動を提供してくれます。その第一線で働いているのが「キャスト」と呼ばれる従業員です。

ディズニーリゾートではゲストにハピネス(幸せ)を与えるために、パークと言う”広大な舞台”の下で、エリアごとに様々なテーマが設けられています。例えば、レストランだと料理を通じて”食”の楽しみを提供していますし、アトラクションでは物語の世界観を演出してくれています。

ディズニーリゾートの従業員は、これら「テーマに沿って役割を演じる」と言うスタンスからキャストと呼ばれているのだそうです。確かに、ジャングルクルーズなどのアトラクションではキャストが船長さんになりきっていますしね。

まぁ、ここまでは予備知識としてご存知の方も多いはず。

キャストと呼ばないエリアがある!?

さて、みなさん。

『ミステリアスアイランド』と呼ばれるエリアはご存知ですか?

ミステリアスアイランドはディズニーシーにあるテーマポートのひとつで、シンボルである「プロメテウス火山」がある場所でも知られています。

ここでおなじみのアトラクションと言えば「センター・オブ・ジ・アース」と「海底2万マイル」なのですが、共通するキーマンとして「ネモ船長」が登場します。

ネモ船長は、ミステリアスアイランドのモチーフとなったフランスの小説家ジュール・ヴェルヌのSF小説「海底二万里」に登場するキャラクターなのですが、ミステリアスアイランドのキャストは「ネモ船長の潜水艦で働く乗組員」と言う設定になっているので、キャストと言う呼び方ではなく『クルー』と呼ばれているんですよ。

世界観を損なわないために、ここまで徹底しているのはさすがディズニーと言えますね。

LINEで送る
Pocket

関連記事

プロフィール

学級委員長タイプのお姉ちゃんMIYUと、マイペースな妹MISA。ふたりの成長期を役に立つ情報と交えてお届けする雑学専門チャンネルです。ちなみに記事はPapaが中心に書いてます!


ディズニー専門専門ページをオープンしました!

お役にたてばポチッと♪

ページ上部へ戻る